www.ktkco.com

-

-

カードローンといったものをするとなると月ごとに指示された日にち、口座などから自動の手続きにて支払がなされていくと思います。告知で機械からいつでも返済というものが出来るというように言及されているのですがそれは自動支払というものとは別口で支払いする場合のに関して言及しているのです。そのものを、繰り上げ弁済というように言いまして、残高総額について支払い返済を全額早期弁済、一部分を弁済する事を一部分一括支払いと言っています。説明しますと、臨時所得等で現金に余力というものが存する折は自動現金処理機からや振込により、一部または全てについて弁済するということができるようになっているのです。そしてこのような内容だけではなく繰上返済にはメリットというものがおおくあり、弱点というものは完全にありません。これらの利点とは別途で弁済することによって借入全体について減らすということを出来るので支払い期間というのが少なくなるので、利子も低減することができ返済トータル自体を低減可能ですので、一石二鳥の引き落し方式となるのです。だけど意見したい点は、どのような時繰り上げ弁済しようかという点です。企業は支払い期日とは別に締め日がというものがあったりするのです。例えばですが月の真ん中が〆で次の月10日弁済だと仮定しますと、15日から以降については次の月分の利率といったものを合計した弁済額が確定してしまったりします。説明すると、15日以降に前倒し弁済しましても、来月の弁済額というのは確定していますので、その間に繰上弁済したような場合であっても明くる月分の支払い金額へはさっぱり影響をしないのです。それゆえ前倒し弁済がにわかに効果を発揮するには支払い日の明くる日からその次の〆の来る前までのタイミングで前倒し弁済してしまうことが要求されるのです。もっともかくのごとき場合の金利の差額というのはきわめて少額です。そんなくらいは気にならないと言った場合は時を構わず任意に繰り上げ支払してもいいです。なおちょっとでも少なくしようと思う方は、支払い期限から〆め日までに繰り上げ支払いするべきです。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.ktkco.com All Rights Reserved.